Tag-Archive for ◊ 法律 ◊

Author: さとちん
• 土曜日, 3月 09th, 2013

 事後届出の全体的な順序について説明しよう。契約を成立させて土地の権利を得たなら、まずは知事に届出をする。

内容は当事者双方の氏名、住所、土地の利用目的、対価の額である。契約成立後、二週間以内に届けることが必要だ。もしも届出をしなかったり、嘘の届出をしたときには、罰則がある。六ヶ月以下の懲役、または100万円以下の罰金だそうだ。届出期間は、忘れずにしっかりと守っておきたい。
 さて、これを届けたなら、今度はこれを都道府県知事が利用目的を審査する。政令指定都市では市長だ。何も問題なければそれでOKなのだが、ちょっとした問題があった場合、土地の利用目的の変更に関する助言や勧告をするときがある。対価の額については審査しない。減額の勧告は出来ないのである。権利取得者は、必ずしもこの勧告に従う必要はない。これは行政指導であり、法的な強制力はないのである。しかしもしも従わなかった場合、都道府県知事はその旨をマスコミなどに公表することが出来る。こいつは私の言うことを聞かなかったと、世間に言いふらすことが出来るのだ。社会的な制裁を受ける可能性があるという。いわばイジメだ。これは避けたい。今後の取引に大きく影響しそうだ。女の子にもモテなくなる。逆に助言を聞き入れた場合は、知事が斡旋するなど、努力を行うことになっているようだ。次なるよりよい取引を、紹介してもらえる可能性があるのである。知事と仲良くなっていて損はないだろう。取引には人脈が必須であろうから、これはありがたいことだ。

Category: 未分類  | Tags: ,  | Comments off
Author: さとちん
• 土曜日, 2月 16th, 2013

  この法律は、崖崩れや土砂の流出による、災害を防止するために定められたものである。山沿いに建てられた住宅は危ない。それに安全性を加えるのである。

私の実家は島であるが、山沿いに建っていた。裏には金網にひとつで、それ以外には何もなかったことを覚えている。雨の日には、その金網にカタツムリが這っていた。それがある時、コンクリートで固められた。高さは十メートルくらいあると思う。家よりも遥かに高かった。当時はそんな工事を、一体誰がするのだろうと、子供ながらに疑問に思っていたが、いまその謎が溶けた。恐らくはこの法律により、この地域は危ないということになって、行政が工事を行ってくれたのだろう。ありがたい限りである。でなければ、今頃土砂に埋まって、私の実家はなくなっていた可能性も、なきにしもあらずである。
 さてこの法律は、宅地造成工事を規制している。規制するのは、あくまで宅地だけである。ではどんな場所を宅地とするのか。まず農地、放牧地、森林は宅地ではない。次に道路、公園、河川。さらに公立学校、墓地なども宅地ではない。公のものは、宅造法の規制対象外なのだ。しかし同じ学校であっても、私立は宅造法の規制範囲内にある。違いはよくわからない。
 規制される宅地造成にはいくつかの規模がある。切土部分に高さ二メートルを越える崖が生ずる場合。盛土部分に高さ一メートルを越える崖を生ずる場合などだ。二メートルを越える擁壁や排水施設を取り除いたりする場合には、事前に届出が必要になる。いつも思うが、こういう法律を知らずに工事しちゃった場合はどうなるのだろう。知事から勧告を受け、場合によっては罰則などがあるわけだが、なんだかなぁと思う。きっと知らない人もいるだろう。まずはそういう、知識の穴を埋める必要があるのでは、と私は思う。

Category: 未分類  | Tags: , ,  | Comments off