Tag-Archive for ◊ コンセント ◊

Author: さとちん
• 月曜日, 12月 05th, 2016

住まいを新築する時、動線や間取りを考えると同時に、電気配線を考えていきます。それぞれの室内の電気配線を考えることは言うまでもありませんが、動線である廊下や階段についても、考えないといけません。

例えば、廊下の照明についても、天井だけに設置するだけでなく、足元灯をつける場合もありますし、ブランケットライトをつける場合もあります。或いは、廊下の壁に絵画などを掛けた場合、ピクチャーライトを設置することもあります。

私の友人が住まいを新築した時、玄関ホールから東側にまっすぐ廊下が伸びていて、その南側にLDKを、北側に水回りを、突き当りには、義母の部屋を作りました。この廊下は、義母の部屋への動線であるだけでなく、LDKから水回りへ、2階のプライベートルームから水回りへ、義母の部屋から水回りへ行く動線でもあります。そのため、天井のダウンライトだけでなく、足元灯を付けてもらいました。深夜、義母がトイレに行く時も、足元灯を付けておけば、歩くのに、安全ですし、完全に目が覚めなくてすみます。

LDK側の壁には、彼女が趣味で作ったパッチワークキルトを飾っていますが、どうしても、北側なので、薄暗いです。そこで、ピクチャーライトをつけてもらいました。廊下というと、動線なので、そんなに電気配線が必要なのかと思いましたが、家族それぞれの生活を考え、光熱費の節約も考慮に入れたら、こんな感じになりました。電気配線の段階では、とても大変だと思いましたが、実際に住んでみると、それぞれの場面によって、とても便利です。

住まいを新築する時、自分たちの生活を想像しながら、具体的に、電気配線を考えていくことで、生活の質が向上します。これほどまで、現在の生活には、電気というのが不可欠なので、電気配線についても、しっかり考えてよかったと思います。

Category: 新築  | Tags:  | Comments off
Author: さとちん
• 土曜日, 4月 30th, 2016

住宅への不満の常に上位を占めるのは収納でした。しかし最近ではこの収納への対策をしっかりと施すことで、違う不満が上位を占めるようになってきました。それがコンセントの位置と数です。いざ生活してみるとここにもコンセントが欲しい!と感じる人が多いのです。また下部ではなくカウンター上部にコンセントがあった方が便利だななど位置においても不満を抱えている人が多いのです。

このコンセントにおいては後から取り付けようと思っても簡単に取り付けたり、位置を変更したりすることはありません。それだけに家造りをする際にはコンセントの位置や数をしっかりと考えながら設置する必要があるのです。どこでどのような電化製品を使用するかを考えて位置や数を決めましょう。コンセントはたくさん設けていても邪魔に感じることがないものであるだけに、余裕を持って設置しておいた方がいいと思います。

せっかくコンセントを設けても家具でふさいでしまっては意味がありません。パソコンデスクの高さに合わせたコンセントがあると便利です。また充電式の掃除機を使用している家庭では、掃除機を収納する収納庫内にコンセントがあると、掃除機を収納している状態で充電も行えます。

我が家も新しい住宅が完成して数か月が経ちます。すでにコンセントへの不満があります。それはキッチンの作業スペースにコンセントがないことです。ここにコンセントがあればフードプロセッサーやハンドミキサー、電気ケトルなどキッチン家電を格段に使いやすかっただろうにな…と思います。どこでどのような電化製品を使うかをしっかりと踏まえて適正は場所に必要な口数設置しておきましょう。

Category: 新築  | Tags:  | Comments off