Author: さとちん
• 火曜日, 7月 24th, 2018

洗面室は広さに限りのある空間ですが、さまざまな目的で利用されるため住宅の中でも重要なのです。洗面、ヘアセットやお化粧などの身支度、脱衣室としても利用しますし、洗濯機を設置することから家事を行う場所でもあります。多目的で使用されるこの空間は物で溢れやすく、物で溢れた洗面室は一気に生活感を与えます。

そこで洗面室は収納スペースの確保がポイントとなります。例えば、洗面化粧台と洗濯機を横並びに設置すると隙間が生まれます。その隙間をそのままにしておくのではなく、洗面化粧台の高さと奥行を合わせた隙間収納を設けるといいと思います。洗面化粧台とサイズを合わせることで見た目の統一感が高まり、広さに限りのある空間ですがスッキリとするのです。

洗濯機の上部には可動オープン棚を設け、家族の下着やパジャマを整理しておくのもいいでしょう。広さに余裕がない家庭では壁の厚みを利用して収納スペースを確保しておくのもいいと思います。壁厚を利用した収納スペースは奥行が浅いので物の出し入れがしやすいです。毎日使用する洗剤などをここに収納して家事をスムーズに行えるようにしておくのもおススメです。

また、洗面化粧台を既製品にするのではなく、造り付けるのもいいと思います。床から天井、洗濯機周りなど隙間なくスペースを利用して収納スペースを確保できます。隙間がないことでお掃除のしやすさも高まるのです。多目的に使用され、家族みんなが一日何度も使用するだけにしっかりと環境を整え、利用しやすい空間を保ちたいものです。

Category: 新築  | Tags:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.