Author: さとちん
• 日曜日, 7月 10th, 2016

2階建て住宅や3階建て住宅を建てると必ず必要になってくるのが階段です。階段を設けることで階段下にはデッドスペースが生まれます。このデッドスペースを上手に活用することこそ住宅への満足度も高まるのです。階段下の活用法は階段をどこにどのような種類の階段を設けるかで変わってきます。

階段下の活用法で一番多いのは収納スペースです。掃除機や日用品を収納しておく収納庫として活用されることが多かったです。しかし最近では、この階段下の活用法が多様化しているのです。今までは玄関近くに設けられることが多かった階段ですが、最近では、リビング内に設けるリビング階段が人気となっています。このリビング階段の下は隠す収納を取り入れるよりは、むしろ見せる収納を取り入れる家庭もおおいのです。

可動オープン棚を階段下一面に設けて、テレビ台を含む壁一面収納を取り入れ、階段下を無駄なく活用させている人もいますし、階段下にカウンターを設けてパソコンスペースやスタディコーナーを設ける人もいます。私の友人宅では、階段下にペットスペースを設けていました。ペットにとっても自分の居場所がきちんと確立されていることで、安心でき、ストレスなく生活を送ることができるのです。ペットスペースにはしっかりペット関連用品を収納できるスペースも設けられており、階段下は家族の一員であるペットの最高の居場所となっていたのです。我が家は廻り階段でその階段下スペースを利用してトイレを設けたのです。階段下には収納庫という考えは今では古いのかもしれません。階段下を余すとこなく上手に活用しましょう。

Category: 新築  | Tags:
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.