Archive for ◊ 7月, 2014 ◊

Author: さとちん
• 水曜日, 7月 16th, 2014

消費税増税に伴い住宅の駆け込み需要が高まっていました。最近では住宅をリフォームする人や、田んぼや空き地が次々と分譲地となり新築住宅が建ち並ぶ光景をよく目にしていました。そこで気になる話を聞きました。今は何をしなくても住宅購入者が多いので使用する建材は言葉は悪いですがゴミになるような木でも使用していると言うのです。その話を聞いて、そうだろな~なんて否定することなく納得してしまいました。

住宅は人生で一度の高額の買い物となります。失敗したと後々後悔するようなことにはなりたくないものです。せっかく建てる家は安心で快適でしっかりとしていて長年住み続けていくことのできる家に住みたいと私は思います。その家を実現させるためにはこだわりを持って建材を選ぶということが大切だと思っています。

まず床材。畳の部屋が少なくなってきてフローリングの部屋がほとんどという家庭も多いと思います。住宅を占める割合が多い分こだわりを強く持って選びたい部分です。私は無垢材を使用したいと思っています。その中でも私が住んでいる地域は杉が有名なので杉の無垢材を床には使用し見た目にも、肌触りにも満足できる空間を完成させたいものです。現在は合板のフローリングを使用した住宅に住んでいます。夏場は気になりませんが、冬場は床がひんやりして寒さをぬぐいきれません。冷え性の私にはこれは一つの悩みでした。無垢材にこだわるのもこれが原因です。無垢材であれば床がヒヤッとした感触がなく、ラグを敷かなくてもいいと聞いたことがありぜひそんな床を目指したいなと思ったのです。無垢材は経年数が経てばより味わい深い色味を放ちます。また木の表す温かみや香りは無垢材でしか表現できないものではないでしょうか。こだわりの建材で納得のいく家を完成したいです。

Category: 建材, 新築  | Tags:  | Comments off